2014年5月アーカイブ

ランニング講座

| トラックバック(0)

気軽に始められることから、ランニングをする人が増えています。今回はランニングをするにあたって、気をつけておきたい、ささやかなアドバイスを紹介したいと思います。

ランニング中の靴は、自分の足に合うものを選びましょう。初心者の方は、膝や腰に負担の少ない底が厚く、クッション性の高いものがいいとされています。スニーカーは、ウォーキング用や、マラソンの上級者用など、種類が豊富です。用途に合わせて、自分に最適な靴を選びましょう。

痩せるために、汗をかいて、サウナスーツを着て走る人がいます。サウナスーツは、保温性が高く、体温調節が難しいです。長く走ると、熱中症になる危険があります。夏は、風通しに良い、気温に適した服を選ぶと良いです。

普段あまり運動をしないで、長い距離を走ると、けがをする危険があります。走る前には、必ずストレッチをすると良いです。筋肉をほぐすと、血流がよくなり、疲れにくくなります。

ランニング中は、こまめに水分補給する必要があります。また、水分をとってから、体に吸収して代謝されるのに時間がかかるため、走る前にも水分を摂取するといいです。汗をかくと水分と同時に、ミネラル分の栄養素も発散されます。それを補うため、粉末状のサプリメントを水に溶かしたスポーツウォーターがおすすめです。

また、水分の不足は、体の代謝する能力を低下させ、集中力が低下します。代謝力が低くなると、運動で脂肪を燃焼する効果も減ります。ダイエットを目的にしている人も、しっかりと水分補給しましょう。

脂肪の燃焼が効率的に行われる時間は、運動を始めてから20分経ってからです。始めの20分間は、糖質がエネルギー源となります。効果的に脂肪を燃焼させるには最低30分間、走るようにします。

健康を維持するために、ランニングを始めてみてはいかがでしょうか。ランニングをする際、今回紹介させていただいたアドバイスを参考にしていただければ幸いです。

上越市の人気美容室ミック直江津店

健康のために走る人が増えています。フルマラソンに挑戦しようと思っても、どんな準備をするのか迷ってしまいます。今回は、フルマラソンについて、ささやかなアドバイスを紹介したいと思います。

フルマラソンを完走するには、体調を整えることが大切です。前日は、しっかりと睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事をとります。スタート前は、歩いたり、ストレッチをしっかりと行います。激しい運動は、体力の消耗になるので避けます。給水所では、水分補給と栄養補給をしてください。慌てず、止まってストレッチをしながらでも、大丈夫です。

自分の設定したペースを守ることが、マラソンの完走につながります。前半に飛ばしすぎると、後半は、体力がもたず、歩くことになります。しっかりとペースを守って、後半に体力を温存します。同じスピードで走る人を見つけて、ペースメーカーになってもらうのがいいです。

自分のペースをつかむには、事前に走る早さを知る必要があります。ハーフマラソンを経験しておくと良いです。マラソン大会の制限時間と、ラップタイムから予想される完走のタイムを比較して、確実に走りましょう。初心者の方は、制限時間の長い6時間の大会に参加すると良いです。

筋力トレーニングを行うと、長く走れるようになります。激しい筋力トレーニングは、けがをしたり、長く続けることが難しいです。腹筋や背筋など、簡単なトレーニングを行いましょう。

マラソンの前の食事は、エネルギーを蓄えるため、ご飯や麺類、お餅など、炭水化物をとると良いです。

ランニング中の服装は、汗をかくので、水分が蒸発しやすい素材を選びましょう。日差しや雨よけに、キャップをかぶると良いです。また、膝に負担がかかるのを防ぐため、足首まであるランニングタイツを着ると良いです。

健康な生活に、運動は欠かせません。今回、紹介させていただいたアドバイスを参考にして、フルマラソンを始めてはいかがでしょうか。

miq高田店

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31